New
「何もないから何もできない」からの脱却──ローカルダイアログが地域にもたらした “革命”

2020年4月に提供がはじまった「ローカルダイアログ」。すでに導入した自治体や企業からは、「これまでとまったく違って、若い世代が多く参加してくれた」「自然と前向きな議論ができた」など、さまざまな声が届き始めています。リリ […]

事例紹介
「地域の声を拾えているか疑問だった」──従来の住民懇談会から脱却、住民から求められる「対話の場づくり」

岩内町は、北海道西部の積丹半島の付け根に位置する人口12,000人ほどの港町です。ニシン漁で大きな財をなし漁業や水産加工業で栄えた町も、近年は出生数が年間100人を切り、人口も毎年300人のペースで減少。多くの地方自治体 […]

事例紹介
「小さい子がいても参加できた」──オンライン開催でも対話しやすく、濃い議論 市民フォーラムの新しい試金石に

東京都心から約40km、ベットタウンとして成長を続けてきた埼玉県白岡市。市内に2つあるJR宇都宮線の駅から東京へは約40分と好立地でありながら、緑豊かな自然も多く残っており「住みよさ」に定評があるまちです。人口は概ね右肩 […]

事例紹介
【事例紹介】茨城県高萩市(植竹)

2021年6月、3週に渡って、茨城県高萩市の青年会議所主催「市民一体型まちづくりワークショップ」の中でローカルダイアログのワークショップを行ってきました。コロナ禍という状況のため、今回はスライドをプロジェクターで投影し、 […]

New
【事例紹介】茨城県石岡市(植竹)

2021年3月19日、茨城県石岡市の市役所職員さんと一緒にプロジェクトを行っている20代メンバーとそのサポーター等約9名で実施してきました。配信やオンラインでのファシリテーションは多く行っていましたが、対面は初だったので […]

事例紹介
【事例紹介】ファシリテーション演習(影山)

9月26日に千葉商科大学で開催されている社会人向けの履修証明プログラム、CUC市民活動サポートプログラム「ファシリテーション演習」最終講にて、ファシリテーションの実践と題しローカルダイアログを使って参加者でファシリテーシ […]

事例紹介
【事例紹介】北海道岩内町(自治体)

北海道岩内町で、Local Dialogueを使った取り組みが始まりました。6名の役場職員が公認ファシリテーターとなり、これから活動をしていきます。 8月は庁内の職員向けに練習ワークを重ねながら準備を進め、9月3日に町民 […]